2013年01月14日

グルコンexに副作用はあるの?


グルコンex錠


グルコンEX錠に副作用はあるのでしょうか?
気になる方のために調べてみました!


グルコンEXには、
・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム
・ビタミンB1硝酸塩
・ガンマ-オリザノール

・・・の3つの成分が配合されています。

これらの成分に副作用はあるのか調べてみました。



まずコンドロイチン硫酸エステルナトリウムですが、

この成分には関節や肌の弾力性・保水性を整える役割があり、
副作用がほとんど無く安全性も高い成分として有名です。




次にビタミンB1硝酸塩ですが、

この成分は関節痛や神経痛の緩和をしてくれる効果があり、副作用はに無いといわれています。

体内で不足すると、疲労感や手足のしびれ、脚気などを引き起こすと言われているので、むしろ積極的に摂取したほうが良いそうです。




最後にガンマ-オリザノールです。

この成分は血中コレステロールを下げる作用や自立神経を整える作用があると言われています。

ガンマ-オリザノールの効果は極めて穏やかで副作用は特に無いと言われています。



このように、グルコンEX錠の成分で副作用がでるものは特に無いようです。


しかし、体に服用するものなので100%副作用が無いというわけではようです。


服用し始めて発疹や発赤、かゆみ、下痢、食欲不振、悪心、嘔吐などの症状が出る方もいるようです。

万が一、このような症状が出た場合には服用を止め、医師などに相談するようにしましょう。



また、グルコンex錠は血糖値に影響を及ぼすことは無いといわれていますが中には血糖値が上がってしまう方もいるそうです。

心配な方は、かかりつけの医師と相談しながら使用するようにしましょう。



グルコンex錠を試してみたいという方は、
まずは10日間のお試しセットからがオススメです。

気になる方は公式サイトをのぞいてみて下さいね。



posted by モリシマ at 19:37| Comment(0) | 【副作用】について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。